スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんなのおかげで
こんばんは!
夏休みもラストスパート!
次への一歩へ少しずつギアチェンジを始めた西野です。


さて、さて!!
成績が発表されましたね!!

西野も、登録ミスした授業を落としたもの以外は、
すべて、単位いただきました!!!!

これもすべて、3Dで協力してくだすった皆様のおかげであります!
奨学金申請できるよ><!!
ほんまにありがとう!!!!!!


団体では迷惑ばかりかけているんだけど
いっぱいいっぱい助けてもらって。。。


一人やったら絶対むりでした!


あぁ仲間って大事。。。

スポンサーサイト
大好きなお菓子
今日はなぜか


家に、ブラウニーがおいてあった!!


おばさん(といったら怒られる)からの差し入れだって☆


めっちゃおいしかったです。


ブラウニーほんまに好物です。


チョコ好きの人ならわかってくれるよね!!!?

自分の好きなことを本気でやるということ
こんばんは。
最近「就活」なるものがチラホラ見え始めています
3回生の西野です★

今日は、コラムサーフィンをしていて
こんなメッセージを見つけました。

あるキャリアコンサルタントさんが
将来を悩む高校生(さくらさん)に対して送ったメールの一部です。

----------------------------------------------------
僕の友達を紹介しよう。

彼女は高校でまったく勉強をせず、
服が大好きでデザイナーの専門学校に進んだ。
専門学校では人一倍デザインの勉強をし、
あるファッションメーカーに就職した。

10年ほどその会社でデザイナーとして働き、
デザイン力と実績と人脈を得た彼女は、
自分の会社を設立して独立を果たした。

その後、彼女はファッションの都、イタリアとフランスに飛び、
向こうのデザイナーと交流を重ね、
海外の友達や取引先をたくさん作った。
もちろん英語もイタリア語もフランス語も喋れなかったので、
その勉強は猛烈だった。
だって、友達との単純な会話ではなく、
取引をするための商談を外国語でやるんだもん。
めちゃめちゃむずかしいで~。
「きれい」とか「かわいい」とかではなく、
1000万円単位の取引にかかわる外国語。

とにかく必死に勉強し、
外国人から直接言葉を学び仕事に活かしていった。

そして彼女自身も自分の服をデザインし、
イタリアやフランスで彼女がセレクトした洋服を自分の店でガンガン売った。

彼女は独立して10年で、
年間3億円を売り上げる有名なデザイナー兼バイヤーになった。

そして一昨年の8月、ガンで亡くなった。

そのお葬式で、彼女は参列者に向けてこういう手紙を披露した。

「みなさん、ありがとうございました。
みなさんのおかげでここまでやってこれました。
言葉では言い尽くせぬ感謝の気持ちでいっぱいです。
私は40年間の人生に後悔はありません。楽しかった~。
そして一足お先に天国にいってきます。
むこうでニコニコ見てますよ~。さようなら」

参列者の誰もが涙をこらえきれず泣き、
参列者の誰もが彼女の早世を悼むより、
参加者の誰もが彼女に出会えたことを誇りに感じ、
参加者の誰もが天国から手を振る彼女の姿を想った。

さくらさん、
本気で生きるとね、「あー楽しかった」って死ねるよ。

だからね、前進してごらん。
前に進むと、風景は変わる。
壮大な風景でも、美しい風景でも、都会の風景でもいいから、
自分の将来の風景を楽しみに描いて、前進してごらん。

生きてるんやから~♪

------------------------------------------------------

好きっていうことは、本当に力になるなぁって感じます。
好きってすごくステキな言葉やと思います。

でも、その「好き」を、本気で追求したことありますか?
僕は、まだまだ追及したりないなぁと思います。
(好きなことしか、これまでシテナイケドネw)

好きなことを、とことんやってみる。
それは、「嫌いなことをしない」とは全然違うこと。

そして死ぬときに、
このデザイナーさんみたいに
「あー楽しかった」っていえたらいいな☆

いつ死んでも
そういえる人生を創っていきたいなと思います。

御礼
こんばんは。
大会当日以来ご無沙汰してます。
西野です。

遅ればせながら、
大会に来てくださった皆様方
誠にありがとうございました。

3D一同大感謝です。

振り返ればこの大会が
3Dの原点でした。

この大会をやりたい一心で
西野は3Dを立ち上げました。

この大会に、
様々な人に参加してもらいたいという思いで
達人1「30秒の達人」が開催されました。

その後、
大会と達人を切り離した方がよいという
方向が決定されました。

その決定の同時期に、達人2「共感の達人」が開催され

ディベート大会の準備と平行して
達人3「プレゼントの達人」が開催されました。

どたばたした中で

私達は、私達が価値あると信じたことを
やってきたつもりです。

メンバーが増え、

やることの量がふえ、

圧倒的な時間不足におちいり

精神と肉体が削られました。

私が未熟故に、団体全体に迷いがうまれ

それでも仲間が優秀であったが故に

周りの皆さんが応援してくれたが故に

私達はここまで、外部にそれなりの価値を提供しながら

活動してこれました。

本当にありがとうございました。



ディベート大会は一幕を閉じました。



私個人の思いは

「やってよかった」

です。

自己満ではありません。


出場者
「チャレンジできてよかった」
「来年はリベンジしてやる」
「帰ったらまず、ビールがのみたいですね」

参加者
「僕は来年出てみたい」
「またこんな機会があったら是非よんでくださいね」
「たんじゅんに、おもしろかった」


難しい
堅い
できれば、やりたくない


そんな風に言われる
ディベート。


私達は
ディベートはおもしろいし
絶対、自分にとって+になると信じて
この大会を開きました。


しかし、正直なところ
何のためにこの大会をやるのか
首をかしげるメンバーは沢山いました。



上手く説明できない自分がいました。




それでもやったのです。


そして、レスポンスが返ってきました。


其れは、セミナーでも講演会でも講義でもサークルでも


発せられないような


えもいわれぬ言葉たちでした。






とりあえず

私達の半年は

過去の反省という大仕事をなしてから

幕を閉じます。



ReStart



きっと秋学期からはそうなるでしょう。


もっと3Dは素敵な団体になっているでしょう。


そこから生乱される価値に、


みなさま、是非ご期待下さい。



文章ベタですみません。

読んでいただいてありがとうございました。

1回生、ますだあやか
こんにちは。
ディベート大会まであと、4日!
カウントダウンしていきますよ!!!

きっと、前日とかやばいことになっているんでしょうけど
とてもワクワクしながらお仕事しています!

来場見込みも、なんとか50は越えました!
限りなく100に近づけようね!!!



さて、本日のご登場は、
「3D」1回生メンバー、ますだあやかさんです。



彼女を一言で表すと、「正直元気」です。
あ、正直いって元気ではなく、
正直かつ元気です。



正直といえば、
自分が思ったことは、きっちり言うところです。
上回生が渇をいれられることもありました。
(しっかりしろ、上回生!とくに、西野!!)
臆することがありません。


元気といえば、
行動力があるところですね。

先日は、就活生向けのインターンシップフォーラムに
行ってきたとのコト。

グループワークはほとんどが
3回生。

そのなかで、




グループの仕切り役の一人になっていたそうです。





感想は
「他の3回生があまりにもしゃべらないんで。。。」






そして、周囲からこういわれたそうです



「グループワーク慣れしているね・・・」



そりゃそうでしょうよ。
政策学部の授業で鍛えられ、
3Dの1回生議論のまとめ役なのですから。。。




そんな、あやかさんは、
この夏、インターンシップとビジネスプラン作成合宿に
燃えるようです。



なんと、そのビジネスプラン合宿は
西野が3年前に通過した、原点であります!!
(ビデオとか残っているそうです)

サクショウさん、ポンタさん、シミカツさん
素敵な社会人と、素敵な仲間達とめぐり合ってきてください。
きっと忘れられない2泊三日になりますよ。




そんなあやかの弱点は
「遊び方」を知らないこと。

遊びを知らないと、西野みたいになっちゃうよー笑

というわけで、ディベート大会終わったら
夏に興じる遊び企画をしましょうね!!



なにはともあれ







あやかの3年後がこえーーーー。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。