スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大好きなお菓子
今日はなぜか


家に、ブラウニーがおいてあった!!


おばさん(といったら怒られる)からの差し入れだって☆


めっちゃおいしかったです。


ブラウニーほんまに好物です。


チョコ好きの人ならわかってくれるよね!!!?

スポンサーサイト
自分の好きなことを本気でやるということ
こんばんは。
最近「就活」なるものがチラホラ見え始めています
3回生の西野です★

今日は、コラムサーフィンをしていて
こんなメッセージを見つけました。

あるキャリアコンサルタントさんが
将来を悩む高校生(さくらさん)に対して送ったメールの一部です。

----------------------------------------------------
僕の友達を紹介しよう。

彼女は高校でまったく勉強をせず、
服が大好きでデザイナーの専門学校に進んだ。
専門学校では人一倍デザインの勉強をし、
あるファッションメーカーに就職した。

10年ほどその会社でデザイナーとして働き、
デザイン力と実績と人脈を得た彼女は、
自分の会社を設立して独立を果たした。

その後、彼女はファッションの都、イタリアとフランスに飛び、
向こうのデザイナーと交流を重ね、
海外の友達や取引先をたくさん作った。
もちろん英語もイタリア語もフランス語も喋れなかったので、
その勉強は猛烈だった。
だって、友達との単純な会話ではなく、
取引をするための商談を外国語でやるんだもん。
めちゃめちゃむずかしいで~。
「きれい」とか「かわいい」とかではなく、
1000万円単位の取引にかかわる外国語。

とにかく必死に勉強し、
外国人から直接言葉を学び仕事に活かしていった。

そして彼女自身も自分の服をデザインし、
イタリアやフランスで彼女がセレクトした洋服を自分の店でガンガン売った。

彼女は独立して10年で、
年間3億円を売り上げる有名なデザイナー兼バイヤーになった。

そして一昨年の8月、ガンで亡くなった。

そのお葬式で、彼女は参列者に向けてこういう手紙を披露した。

「みなさん、ありがとうございました。
みなさんのおかげでここまでやってこれました。
言葉では言い尽くせぬ感謝の気持ちでいっぱいです。
私は40年間の人生に後悔はありません。楽しかった~。
そして一足お先に天国にいってきます。
むこうでニコニコ見てますよ~。さようなら」

参列者の誰もが涙をこらえきれず泣き、
参列者の誰もが彼女の早世を悼むより、
参加者の誰もが彼女に出会えたことを誇りに感じ、
参加者の誰もが天国から手を振る彼女の姿を想った。

さくらさん、
本気で生きるとね、「あー楽しかった」って死ねるよ。

だからね、前進してごらん。
前に進むと、風景は変わる。
壮大な風景でも、美しい風景でも、都会の風景でもいいから、
自分の将来の風景を楽しみに描いて、前進してごらん。

生きてるんやから~♪

------------------------------------------------------

好きっていうことは、本当に力になるなぁって感じます。
好きってすごくステキな言葉やと思います。

でも、その「好き」を、本気で追求したことありますか?
僕は、まだまだ追及したりないなぁと思います。
(好きなことしか、これまでシテナイケドネw)

好きなことを、とことんやってみる。
それは、「嫌いなことをしない」とは全然違うこと。

そして死ぬときに、
このデザイナーさんみたいに
「あー楽しかった」っていえたらいいな☆

いつ死んでも
そういえる人生を創っていきたいなと思います。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。