スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年冬合宿総括 その2
宣言通り、荒らしまくります。

さぁ「2008年冬合宿その1」とはうってかわって、
コンテンツ外のことにも触れておきたいと思います。

二日目夜、座談会、まぁ単なる飲み会の席なんですが、その一幕を。

合宿にはつきものの怪談話。
まぁ季節はおもいっきり冬なんですが。

そこそこ霊感というものをもっているという、そらおさんが
怖い話を三本してくださいました。
まぁ内容としては、それなりに怖いものでしたが、
僕自信、一度聞いたことありましたので
食い物ばかりに目を向けていました。
(前に聞いたときは夏休み。あの世とこの世を架けるとされる一条戻橋でうしみつ時に聞きました。まぁ、そこは京都市内にある心霊スポットなんですが。)

まぁ何が怖かったのかというと、
出たんです。アレが。

ゴキブリじゃないですよ。。。
屁でもないです。
あああ、科学が支配するこの世の中で、口にも出したくない。
白い物体がベランダを駆け抜けました。
カーテンを開けたままにしたのが災いでした。

その場にいた全員が凍りつき、夜中12時に
時間を考えない悲鳴が部屋を劈きました。

映画「呪怨」シリーズでも、びびらない僕でも
平常心を失い、今村代表と共に(というよりも代表に押し倒されて)
ふとんに逃げ込みました。

・・・

・・・

・・・

種を明かすと、横の部屋に宿泊していた同志社大学卒業生による仕業でした。
僕たちが宿泊していたリトリートセンターという同志社の宿泊施設は
各階のベランダがすべて、つながっているのです。
ということは、同じ階にあるベランダなら自由に行き来可能なのです。

その卒業生たちは僕たちが怖い話をしているものだと感づき、
そのうちの一人がタイミングを見計らったのか、偶然なのか、
そらおさんの話にオチがついて、すこし経ったときに
僕たちの部屋のベランダを駆け抜けました。
僕たちが見た白いものとは、その人が頭につけていた白い
タオルでした。

ジョーダンがきついですよ。。。
面識のない僕たちにやるなんて。。。
他人にドッキリって。。。

まぁ他にも、予想だにしなかった出来事が
何個かあり、一生に残る思い出を
みんなと共有できて、すごくいい時間をすごせました。

この時間は宿泊費8800円以上のものだと思います。
これからも、みんなと楽しい思い出を共有できたらいいと思います。
個人的には、新入生が入ってきて、お互いを知り合うために
5月ごろにも合宿(というよりも旅行かな?)
に行きたいのですが、みんなが賛同してくれるかな・・・

では、今回はこの辺で

まだまだ続く→








スポンサーサイト


  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- . │05/05. 04:51 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://3dco.blog85.fc2.com/tb.php/125-fc3fd337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。