スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年冬合宿総括 その4
ええ加減、うんざりしてきたと思いますが
そんなの関係ねぇ精神でまだまだ書き続けていきたいと思います。

今回の合宿を通じて、次の二名の評価が
僕の中ですごくかわりました。

檀浦さんと、サイトーです。

檀浦さんは、僕に新しい発見の機会を提供してくれる。
この人の発言は、すごく斬新的で、同じことですが、すごく新鮮です。

以前、遅刻者に罰金を課すべきかどうかの議論で、
「金を払えば許されるのなら、平気で遅刻するものがでてくる」
といった、
人を待たせてはいけないという道徳観が満ち溢れている
僕にとって、この罰金を課すことで遅刻を解消できるものだと
考えていたので、こうした彼女の指摘はすごく新鮮でした。
(そーいえば初めてのデートのとき、一時間半前には待ち合わせ場所に
いたよ。若かりし五年前の俺w)

このほかにも、自分の中で、常識や当然といったものが
檀浦さんの指摘により、それが本当に、常識なのか、当然なのか
というものを考え直す機会を与えてくれました。

「自分の中で、当たり前だと思ってたものが
他人にも同じ、当たり前ではない」

本当に当たり前のことですが、いつも確認されます。
自分の暴走に制限をかけてくれ、自分の視野を広げてくれる檀浦さんの
発言はすごくありがたいです。

まぁ檀浦一派(檀浦、増田)に入るつもりは毛頭ありませんが。

次にさいとーですが。
彼は自己主張が強いと共に、率先して行動してくれるところがあります。
いつも飲み会の翌朝の片付けは彼が率先してやってくれます。

彼は、よくわからない発言をよくしますが、
集団行動においては、率先して陣をとってくれる姿が
よく目に付きます。

今回の合宿でも、そういう場面をよく見ました。

まぁ偉そうに二人のことを書かせていただきましたが、
今回の合宿で二人の特徴が、すごく僕のなかで
印象に残ったのでかかせていただきました。

おまえ、なにさまのつもりやねん

と思われても、僕は思ったことを書いたまでです。





感謝、賞賛、注意、指摘

僕はこのことを念頭においてBOの中で行動しています。
まんまとBOメンバーは、僕のマインドコントロール通りに、そういう雰囲気をBOの中で
つくれているのだと思っています。
(洗脳とは意識的に施し、マインドコントロールは無意識中に施すもの)

このことを3D全体に浸透できればよいものだと
考えているのですが、なかなか難しいものですね。

いつかそういう雰囲気の中で、みんなと一つの
おおきなものを作り上げれたら、
3Dは最高のチームになるのではないでしょうか。

それにはまず、自分がどんなに苦手や、そんなに仲の良くない
メンバーに対しても、必ずや、その人にもいい一面があるので
それを見つけ出し、それを当人のまえで言うこと。

このことを繰り返せば、いつかきっと
言いづらいとされる、その人の欠点も指摘してあげれるようになるのではないでしょうか。

(まぁ僕は、精神構造上他人と違うのか
本人の前でも影でも毒を吐きまくっていますが。
影で文句を言うのはあまりよろしくないので、出来るだけ
当人の前でも言うようにしています。)

ただ、そうした指摘を、
「自分の成長の糧になるもの」
と考えられればいいのですが、
「いちゃもん」
と捉える場合があります。

でもこれは、上述した雰囲気を作り上げれていないのが原因です。
これを克服したとき、きっと3Dは最高の学生団体になれるものだと
考えています。

まぁ今回はこのへんで。
まだまだ続くかどうかは明日以降の気分次第です。
スポンサーサイト


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://3dco.blog85.fc2.com/tb.php/127-d9f96a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。